近視治療

近視について

近年、近視発症の低年齢化が進み、低学年から近視を発症する頻度が増加しております。特に最近は、スマートフォンやタブレットなどの普及による近業の増加にともない、生活の中で近くを見る作業の占める割合が多くなっています。

6歳未満の近視有病率も増加していることが報告されており、海外の報告では、未就学児(3~6歳)の近視有病率は過去10年間で2.3%から6.3%と増えています。

近視の要因

近視は遺伝的要因と環境要因で起こると言われています。両親が近視の子供や片親が近視の子供は、両親が共に近視でない場合と比較して、近視の頻度が明らかに高いことが報告されています。環境因子としては、近業(近くを長時間見ること)や屋外活動が少ないことの関与が示されています。

近視の進行

近視は眼球が楕円形に伸び(眼軸が伸びる)、ピントの位置がずれることで生じ、一度眼軸が伸びてしまうと、戻ることがありません。

近視が進行し、高度近視(-5.00D以上)になると、将来緑内障や網膜剥離などの合併症を発症するリスクが高くなります。そのため、眼軸の伸びを抑えることが近視の進行を抑制するうえで重要です。

近視の原因になる眼軸伸長は7歳から12歳で著しく進行し、20代後半まで緩やかに続くと報告されています。このことからも学童期からの治療介入が重要であると考えられています。

Matsumura S, Chen C-Y, Saw SM: Global Epidemiology of Myopia, Springer Singapore 978-981-13-8491-2
Yung-Feng Shih et.al. REVIEW ARTICLE:Journal of Medical Ultrasound,Volume 19, Issue 2, 2011,33-40
Fan DS, Lai C, Lau HH, Cheung EY, Lam DS. Change in vision disorders among Hong Kong preschoolers in 10 years. Clin Exp Ophthalmol. 2011 Jul;39(5):398-403.

治療法について

近視の発症や進行には、個々のライフスタイルが大きく影響しており、それぞれに合った生活指導や治療法が必要になります。

だんのうえ眼科では近視遺伝子検査も可能ですので、ご希望の方はご相談下さい。

1.低濃度アトロピン治療(マイオピン点眼薬)

小児期の近視の進行を軽減させることを目的にした低濃度(0.01%)のアトロピン点眼です。近年、海外や本邦の研究より低濃度アトロピン点眼の近視進行抑制に対する良好な結果が報告され、副作用もほぼないことが確認されております。

2.オルソケラトロジー

特殊な形状が施された高酸素透過性の専用ハードコンタクトレンズを夜寝る前につけて、就寝中に角膜の形を変化させ、裸眼視力を矯正する治療法です。これにより翌朝レンズをはずした後も、角膜の形状が矯正された状態を一定時間維持できるため、裸眼で過ごせるようになります。進行抑制効果が3~6割程度と報告されています。適応検査と購入レンズは自費治療になります。

3.多焦点コンタクトレンズ

遠用の球面度数に近用の加入度数が付加された老視矯正のための遠近両用コンタクトレンズとして使用されているレンズです。強い度数の近視にも適応があります。

4.ICL

ICLとは水晶体を残したまま眼球内にレンズを挿入する屈折矯正方法です。
ICLを眼の中に移植することにより近視・乱視を矯正し裸眼視力を回復させます。ICLはコンタクトレンズと違い基本的にはメンテナンスは必要ありません。コンタクトレンズ装用時のドライアイやアレルギーに悩まされることもなくなります。

ICLとレーシックの違い

角膜を削らない手術

ICLはレーシックのように角膜を削らないので、角膜が薄い・強度近視・軽度の円錐角膜などでレーシックが不適応になってしまった方でも、近視・乱視を矯正して裸眼で生活できるようになります。
レーシックが適応と診断された場合でも、近視・乱視が強い方は角膜を削る量が多いため、視力が上がってもクリアに見えないことが予想されるときはICLをお勧めしています。

ドライアイ・視覚障害の出現がほぼない

角膜を削るレーシックでは、ドライアイが生じやすくなります。また、術後に生じる角膜表面の歪みによるハロー(暗闇で光がにじんで見える視覚障害)や、グレア(暗闇で光がまぶしく見える視覚障害)を起こす場合があります。
また、角膜のレンズとしての集光能力が著しく低下することで、暗所にて色や濃淡が見えにくくなったりする事もあります。ICLでは、こうした視覚障害の出現はほぼありません。

万一の場合、元の状態に戻せます

特別な理由がない限り交換する必要がなく、そのままずっと目の中に入れておくことが可能です。
万が一術後に何か問題があった場合はレンズを取り出して元に戻す事ができます。これはレーシックと大きく異なる点です。

日帰り手術で回復も早い

手術時間は約 10 分程度。麻酔は目薬だけで痛くはありません。
また傷口が約 3 ミリと小さいので回復が早く日帰り手術が可能です。

眼の中にやさしい素材

眼内にいれるレンズはソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。
紫外線をカットする機能もあります。半永久的に使用可能です。

ICLを検討されている方

手術が可能かどうかの適応検査や診察は予約制となります。
コンタクトレンズを使用している方は、検査前にレンズを一定期間外していただきます。(HCL は3週間、SCLは1 週間)

費用等詳細は当院までお問合せ下さい。

※これらの治療は近視の進行を抑制するものであり、近視が全く進行しないわけではありません。

※近視の治療やご相談希望の方は近視専門外来にお越しください。