メガネ/コンタクトレンズ

眼鏡処方について

屈折異常のある目は、焦点(ピント)が網膜にしっかり合っていない状態です。これにより、視界に入ってくる像はぼやけて見えるので、くっきりと見えるようにするには、屈折異常の種類と度数に合わせた適正なレンズが必要となるのです。適正な眼鏡の度数を調べるよりも前に、まずは視力低下の原因(眼疾患の有無)を調べる必要があります。そのため、眼鏡を希望される場合でも、何らかの病気でないかどうかの検査を受けていただきます。また眼鏡処方は見えやすさだけでなく、かけやすさが重要になってきます。当院では患者様個々の眼鏡を使う目的に合ったアドバイスと眼鏡装用テストを含めた精密な検査を提供し、より満足度の高い眼鏡処方を心掛けております。

弱視眼鏡矯正について

視機能の発達が阻害されてしまって、片目または両目の視力が眼鏡をかけても視力が出ない状態にあると弱視と診断されます。屈折異常(近視、遠視、乱視)の弱視、不同視弱視であれば、目にしっかり合った眼鏡を常に装用することで視力を向上させることができます。当院では、経験のある視機能訓練士による調節麻痺剤を使用した精密な検査で適正な眼鏡処方を行います。また必要に応じて眼鏡装用と健眼遮閉(片眼性の弱視で行う視能訓練)を行います。9歳未満の小児の弱視、斜視および先天白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡(コンタクトレンズ)の作成費用は国及び健康保険組合から一部助成されます。詳細は加入している「健康保険組合」にご確認下さい。

近視の眼鏡矯正について

最近の知見 1-2 では、近視を進行させないためには網膜上にしっかりピントが合った像を結ばせることが最善と報告されています。これは過矯正でも低矯正でもなく完全矯正(ぴったり合ったメガネ)が良いということを意味します。学童期では、調節過緊張により一時的に近視状態になっていることがあります。そのため、当院ではお子様の完全矯正値を正確に計測するため、年齢や必要に応じて、調節麻痺の点眼薬を使用してから屈折検査をおこないます。

1.Chung K, Mohidin N, O’Leary DJ. Undercorrection of myopia enhances rather than inhibits myopia progression. Vision Res. 2002 Oct;42(22):2555-9.

2.Vasudevan B, Esposito C, Peterson C, Coronado C, Ciuffreda KJ. Under-correction of human myopia–is it myopigenic?: a retrospective analysis of clinical refraction data. J Optom. 2014 Jul-Sep;7(3):147-52.

コンタクトレンズの矯正について

当院ではコンタクトレンズ(CL)装用は、装用のスケジュールやリスクを理解し、装用脱やレンズケアを含めた自己管理ができるようになる中学生以上に薦めております。近視抑制効果が報告されているオルソケラトロジーの処方に関しては、保護者のご理解とご協力が得られる場合は、低年齢のお子様にも処方しております。ご興味ある方はご相談ください。